管理人おすすめ記事 
なんJまとめ草不可避wwwをもっと楽しむための記事を書きました!
下のリンクからどうぞ!
管理人おすすめタグ紹介の記事を読む 

野球

fraefdasda

1: 名無しさん@おーぷん 19/08/11(日)12:58:42 ID:UCX
珈琲園球場

引用元: ・甲子園の土が挽いた状態のコーヒー豆だったらwww

【甲子園の土が挽いた状態のコーヒー豆だったらwww】の続きを読む

05253da3

1: 名無しさん@おーぷん 19/08/11(日)11:16:35 ID:Fge
打率.153 出塁率.382
73本塁打 OPS.995 13盗塁

引用元: ・全盛期バリーボンズさんのHR以外の安打を全部凡退にした成績www

【全盛期バリーボンズさんのHR以外の安打を全部凡退にした成績www】の続きを読む

no title

1: 名無しさん@おーぷん 19/08/11(日)09:33:49 ID:Z8L
京都府長岡京市の82歳の女性が5月からほぼ毎日、市内のバッティングセンターに通い、白球を打ち続けている。1人暮らしを続ける中で、偶然に出合った人生の楽しみだという。

柴田清子さん=同市調子1丁目。マイグローブを両手にはめ、右の打席に立つと、鋭い眼光でマシンを見つめる。時速75~100キロで繰り出される球を、一日に46球、多い日だとその倍の92球を次々にはじき返す。
「すべて我流」というが、空振りは少ない。打ち終わると「高いところまで飛ばせると最高に気持ちいい」と爽やかな笑顔を見せた。

柴田さんは7年前に夫を亡くし、3人の子どもたちも独立して今は1人暮らし。今年の大型連休で帰省していた長男の車でドライブに出掛けていた時、通りがかった長岡京バッティングセンター(神足)が気になった。
「どんな施設なのか。ぜひ見てみたい」。野球の経験はなかったが、長男が見守る中、バットを振ると意外と当てることができた。「こんな面白いところがあったんや」。翌日も長男に連れてきてもらった。

https://maidonanews.jp/article/12596755

マイグローブ持参でバッセン通いするまでになった模様

引用元: ・【朗報】京都のお婆ちゃん、齢82にして野球にハマる

【【朗報】京都のお婆ちゃん、齢82にして野球にハマる】の続きを読む

11859061

1: 名無しさん@おーぷん 19/07/26(金)17:17:28 ID:tKZ
悲運のエースがまたしても悲しい敗戦を重ねた。

みどり幼稚園野球部と大正義オリックス・バファローズの親善試合。
み軍先発しょうた君(5)は、緩緩を突いたピッチングを披露しオリックス打線を翻弄。
平均球速37マイルを誇るフォーシームで三振の山を築いていった。
一方のオリックス先発山本由伸も好調。平均94マイルを越える速球に園児達は当てるのが精一杯だ。
6回、しょうた君は吉田正尚にソロホームランを浴び、先制点を奪われるも落ち着きを保ち後続打線をピシャリ。
山本由伸が8回無失点の好投を見せオリックスの1点リードで迎えた9回、守護神の増井が登板。
緊張感を欠いた増井はストライクを中々奪えず三者連続四球を与え満塁。
2アウト満塁で打席に立ったみっくんに内野安打を浴び、痛恨の同点打となる。
試合は延長に入り11回、たけし君(6)が当てた打球を遊撃手安達がまさかのお手玉。
さらに二塁への送球を福田が弾き、そのままホームへ生還。無安打でサヨナラゲームセット。

試合後、オリックス西村監督は「先発が好投しているんだからもっと打ってあげないと。」と打線に奮起を促した。

引用元: ・【試合結果】みどり幼稚園 2-1 オリックス・バファローズ

【【試合結果】みどり幼稚園 2-1 オリックス・バファローズ】の続きを読む

10726

1: 名無しさん@おーぷん 19/07/25(木)22:32:52 ID:0KW
実況「ストライクー!!!!最後は須田が三者三振で締めました!!!」

須田「うおおおおおおお!!!!やったあああああ!!!」

細山田「幸太 おめでとう!負けたよ!」

須田「ありがとう お互いナイスプレーだったね」

細山田「にしても最優秀選手賞の橋戸賞だなんてやるな!この喜びは誰に最初に伝えるんだ?」

須田「そりゃあ勿論………」

???「ヤッタナ!須田!!」肩バシバシ

須田「うひゃあ!元メジャーリーガー、元DeNA、現起亜タイガース所属のウィーランド投手!どうしてここに!?」

ウィーランド「ナニ 元DeNA・中日投手コーチノ現デニー中日スカウトノ代ワリニ須田に喝ヲイレニキタノサ」

須田「僕はこの後インタビューがあr」

ウィーランド「ツベコベイウナ サラナル成長ノタメニ、投ゲ込ミ200球、素振リ500回ダ」ズズズズズ←須田が引きずられる音


甲子園にて

デニー「聖ちゃん 須田が胴上げ投手になったらしいぞ あいつもなかなかやる様になったな!」マルマルマルテ←ワープしてくる音

聖「なに!?やったな!須田くん!私も負けてはられないな!目指せ優勝ベイスターズ!」

引用元: ・聖「須田くんが胴上げ投手になったぞ」

【聖「須田くんが胴上げ投手になったぞ」】の続きを読む

9f2f8334

1: 名無しさん@おーぷん 19/07/24(水)23:17:55 ID:GJk
須田「いやー、本当に決勝行っちゃったよ僕たち!」

須田「ここまで来たら優勝報告を聖ちゃんに届けたい!」


インタビュアー「須田選手!今日も勝ち投手でしたが?」

須田「いやあもう、後輩達が逆転してくれたんで。」

インタビュアー「1失点しましたが?」

須田「ええ、打たれちゃいました。」

インタビュアー「現役さながらの被弾でしたね!」

須田「(ん・・・?)ちょっと球が甘かったかもしれませんね。」

インタビュアー「決勝では完全試合を目指しますよね?」

須田「(あれ・・・もしかしてこれって・・・)え、まあ、僕はいつも通り後半に」

インタビュアー「やはり投げ込みが10000球ほど足りないのではないでしょうか?」

須田「(あああああっ!やっぱり、途中から何かおかしいと思ったら!この人の正体は!」

ベリッ

須田「あれっ!インタビュアーのお面をめくって良く見たらただの歩行型ロボットの顔にスピーカーが付いてるだけだった!?」

須田「いや、安心するのはまだ早い。でも、さすがにこういうベースの中に埋まってたりしなければさすがにもう大丈b」

??「甘い、甘いぞ須田ァ!」(デラデラデラロサ

須田「うひゃあっ! 付近のどこにデニーさんが隠れてるのかと探してる最中ふと外野スタンド見たら
   セコム看板の中の長嶋さんの顔がデニーさんの顔とさりげなくすり替わってて
   その瞬間看板の中からデニーさんが飛び出してきてこっちに向かって来たあ!」

デニー「聖ちゃんも最近絶好調、俺は横浜スタジアムでの4連戦中毎日きんつばをご馳走してあげた。」

デニー「さて、決勝は明日だが、そのためにはお前の完全試合は必要不可欠! 調整投げ込み10000球のところ今日は20000球で済ませてやろう!」ズズズズズ←須田が引きずられる音


ポチッ

聖「須田くんが今日も勝利投手だったのか!須田くんと組む捕手の座に妬けてしまうな」

聖「今のベイスターズの勢いは、まるで須田くんの勢いと比例しているようだ!明日も甲子園の1戦頑張るぞ!」ズズズズズ←お茶を飲む音

引用元: ・聖「須田くんが都市対抗野球4連勝だぞ」

【聖「須田くんが都市対抗野球4連勝だぞ」】の続きを読む

20190725000546

1: 名無しさん@おーぷん 19/07/24(水)19:02:52 ID:29S
PとSはなんの頭文字なんや?

引用元: ・OPSのOは「おんJ」の頭文字やけど

【OPSのOは「おんJ」の頭文字やけど】の続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 19/07/18(木)13:09:24 ID:4J6
米国の大学野球で今、脚光を浴びている存在がいる。6歳にして監督や選手から「ドレイクコーチ」として親しまれている。そんな名物6歳児が猛抗議して退場処分を受けるシーンが話題に。

米国で脚光を浴びているのは、カレッジサマーリーグのグラウラーズの6歳の少年コーチだ。所属先が実際の試合中のシーンを公開しているが、その振る舞いや堂々たるものだ。

15日(日本時間16日)の試合中だった。7回、判定を巡って納得のいかないドレイクコーチがベンチから登場。身振り手振りでアンパイアに猛抗議。小さな体を目一杯使って訴えるも、判定は変わらない。ドレイクコーチは審判の周りを一周し、そして足で砂をかけ始めたのだ。
すると、この悪態に審判は退場を宣告。ふてくされるようにダグアウトに引き上げるドレイクコーチだが、これで終わらない。今度は自身の背丈ほどのバットを持ち出し、グラウンドに放り投げていく。4本投げても怒りの収まらない6歳は今度はボールを持ち出し、一気にぶちまけた。
さらにはホームベース付近に歩み寄ると、脱いだ帽子を地面にぴしゃりとたたきつけたのだ。あまりに小さなコーチの怒り爆発シーンに、観衆は大爆笑。本人も発散し落ち着いたのか、再びダグアウトに引き上げていった。

ドレイクコーチは同リーグの退場記録を保持しているようで、実はこの行動は目新しいものではない様子。それでも「極めてキュートだ」とも続けている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190718-00067248-theanswer-base
no title

引用元: ・彡"c「こんな判定おかしいでしゅ!」ペチッ

【彡"c「こんな判定おかしいでしゅ!」ペチッ】の続きを読む

このページのトップヘ