brty

1: 名無しさん@おーぷん 19/07/22(月)02:51:05 ID:ORr
ワイ「あ、あぁ~ッ!」 ドピュドピュドピューッ!

チノ「はい、今日のインアウトは終わり。お疲れさまでした」

ワイ「うぅ……誠に恐縮アピ・ポリ・ロジー......」

数週間前、念願のコロヴァ・ミルクバーに就職したのだが、『デボチカばかりの街でマルチョックを野放しにすると皆インアウトされるのでは』
という懸念の声があり、結果、チノちゃんが定期的にワイのヤーブルから精子をシコシコしてくれるようになった。しかしチノちゃんはなんだか
ワイのことがキライみたいで、いつもいつも不愛想にヤーブルトルチョックして、ヤーブルイタイイタイなのだった。

引用元: ・ワイ「ち、チノボーイ!ヤーブルスコリーしないで」チノ「うるさいですね…」シコシコ

2: 名無しさん@おーぷん 19/07/22(月)02:51:25 ID:gtP

3: 名無しさん@おーぷん 19/07/22(月)02:52:02 ID:ORr
ワイ「トホホ……チノちゃん可愛いのにヤーブルシコシコはイタイイタイなんだから……あーあ、どうにかしてチノちゃんの精液ピュッピュをやさしくてスルージーなものにしてもらえないかな~、ん?」

深夜なのにチノちゃんの部屋から明かりが漏れている。

チノ「よいしょ……よいしょ……」

ワイ(ち、チノちゃんが、自分の部屋でヤーブルディルドを相手にオチンポシコシコの練習をしている!?)

チノ「ふぅ……こんなものですかね……。ボルシー気持ち良くなってもらえるように頑張らないと……」

ワイ「チノちゃーん!」 バターンッ!

チノ「ひゃあッ!?」

ワイ「チ、チノちゃーん! アピ・ポリ・ロジーッ! チノちゃんは毎日ワイのためにヤーブルしこしこの練習してたのにワイはそんなことも知らずに……ッ!
  ハフッ!ハフッ! チノちゃんの湯上りふとももホラーショーな匂い!」

チノ「ど、ドサクサにまぎれてナキングスメリングしないでください!」

ワイ「ア、アピポリロジーチノちゃん……!」

4: 名無しさん@おーぷん 19/07/22(月)02:53:04 ID:ORr
チノ「べ、別に、ヤーブルしこしこ練習するくらい常識ドゥークです……。それが私のラビットなんですから……。それに、私は下手で、あんまり気持ちよくなってもらえないから」

ワイ「そ、そんなことないよ! チノちゃんのその気持ちだけでワイはボルシャイヤーブル気持ちいいんだよ! あっ、そ、そうだ! チノちゃんおてて出して!

チノ「こ、こうですか?」

ワイ「そう! それじゃあ今からインアウトするからね! チノちゃんのやわらかおててにドッピュするからね! ちゃんと受け止めてね!」

チノ「えっ、えっ?」

ワイ「ウオーッ! チノボーイ! ぷにぷにおててに出すぞ!」ドピュドピュドピューッ!

チノ「ひゃあッ!」ビシャーッ

ワイ「くっ、ふぅ……! ボ、ボルシー濃いのが出たぁーッ!」

5: 名無しさん@おーぷん 19/07/22(月)02:54:28 ID:ORr
ワイ「それはね……チノちゃんの気持ちが、ワイのガディワッツに伝わったからだよ! チノちゃんの他人を思いやる優しさがね!」

チノ「私のやさしさ……」

ワイ「そう! だから、テクニックなんて、二の次なんだよ! ヤーブルしこしこは、ホラーショーな人にやってもらうより、好きな人にやってもらうのが一番スルージーなんだよ!」

チノ「す、好きって……はわわ……あ、あの……もうマレンキーだけ、練習に付き合ってもらってもいいですか?」

ワイ「ドゥービドゥープ!」
その後、ワイは一晩中チノちゃんのおててにインアウトを続けて次の日の朝は起き上がれないほどガリバー痛していた。
でもまぁ、その日以来、ヤーブル搾りをするときチノちゃんが耳元で「好きです」とつぶやいてくれるようになったので結果ライティ・ライ!完璧に治ったね

6: 名無しさん@おーぷん 19/07/22(月)02:54:55 ID:WEN
なんか草

7: 名無しさん@おーぷん 19/07/22(月)02:57:01 ID:FqC
关系没有的部类腋下气味

※谢谢

8: 名無しさん@おーぷん 19/07/22(月)02:57:56 ID:3vA
沖縄弁かと



 おすすめ記事